2017年10月31日
【会員様および一般企業向け情報】

長崎県物産ブランド推進課より「平成29年度 長崎・食の商談会」の募集案内に関する情報が入っております。出展を希望される方は、下記の情報をご確認の上、申込書をダウンロードして申込先まで送付してください。

■日時 : 平成29年11月30日(木) 午前10:00~午後5:00
■場所 : 長崎市民生活プラザホール(メルカつきまち5F)
〒850-0877 長崎県長崎市築町3-18)
■内容:県内の食品事業者・団体と国内百貨店、スーパーの食品仕入担当バイヤーとの個別マッチング商談会。
■方法:・バイヤー1名ごとに長机を2台設置し、パーテーションで仕切りブースを設営。
    ・商談時間は、1回につき25分と設定した上で、1日で各招聘バイヤーにつき、      最大13回程度の商談を予定。
■招聘企業・参加バイヤー:下記の申込案内書類を参照してください。
■参加料:無料(ただし、旅費、交通費、サンプル代等は参加者負担となります。)
■申込方法:下記の「平成29年度 長崎・食の商談会 出展申込書」をダウンロードの上、必要事項をご記入の上でメールにてお申込ください。(メールアカウントを保有していない方は、下記お問合せ先までご相談ください。)
■申込期限:平成29年11月9日(木)まで
その他詳細については、申込案内書類を参照してください。

■主催:長崎県
■共催:親和銀行、十八銀行(予定)(五十音順)

【問合先・申し込み先】
〒850-0035 長崎市元船町14-10 橋本商会ビル7階
長崎県物産ブランド推進課 担当:前田・庄司
TEL:095-895-2623/FAX:095-895-2562
E-mail:maeda014852@pref.nagasaki.lg.jp


≫【平成29年度 長崎・食の商談会 申込案内・出展申込書ダウンロード】≪


2017年10月13日
【会員様および一般企業向け情報】

長崎県物産ブランド推進課より「九州自治体地方創生プラットホームin長崎」および「九州自治体地方創生プラットホーム ミーティングin佐賀」に関する情報が入っております。
このセミナーに参加されたい方は、下記の申込書をダウンロードして頂き、申込先までお送りください。


【九州自治体地方創生プラットホーム ミーティングin佐賀】

■開催日時:平成29年10月25日(水)午後1:30~午後4:30
■開催目的:依然堅調な伸びを見せているインバウンド需要。一方で訪日旅行者のニーズは量から質、モノから 体験へと変化してきています。旅行者が「行ってみたい」「もう一度来たい」と選ばれる地域となるためには、地域ブランディングの取組が重要です。本ミーティングでは、インバウンドと地域ブランディングへの取組み方や地域における取組み事例をご紹介します。
■会場:佐賀駅前レンタル会議室サンシティオフィスビル4F Dホール
   (佐賀市神野東2丁目1-3)


■プログラム
タイムスケジュール プログラム 担当
13:30~13:35 主催者挨拶 九州経済産業局 地域経済部地域経済課長 知識 芳秀
13:35~14:25 【基調講演】地方創生とインバウンド インアウト株式会社 取締役副社長 帆足 千恵 氏
14:25~14:50 【事例報告①】オール柳川での地域ブランディング 柳川市 商工・ブランド振興課主事 稗田 雅仁 氏
14:50~15:15 【事例報告②】鹿島市におけるインバウンドへの取り組み 鹿島市 産業部商工観光課 観光振興係 峰松 幸弘 氏
15:15~15:25 休憩
15:25~16:15 意見交換会①
【テーマ】インバウンド
鹿島市 産業部商工観光課 観光振興係 峰松 幸弘 氏
意見交換会②
【テーマ】地域ブランディング
柳川市 商工・ブランド振興課主事 稗田 雅仁 氏
16:15~16:20 知財関連制度紹介 佐賀県知財総合支援窓口
16:20~16:30 地域経済分析システム【RESAS】の紹介 九州経済産業局 地域経済課 西川 太郎





【九州自治体地方創生プラットホームin長崎】

■開催日時:平成29年11月9日(木)午後1:30~午後4:40
■開催目的:豊富な水産資源を背景とした水産加工業が集積している九州地域においては、地元水産物の加工技術のレベルアップや新たな市場の開拓による消費拡大、水産業の発展による雇用の拡大等、地域の活性化を図ることが重要です。
水産物のブランド化をテーマとした講演と九州における取組み事例紹介を通して、講師・参加者の間で知識・経験を共有することで新たな取組みにつなげるワークショップを開催いたします。
■会場:「えきまえ」いきいきひろば5号室(長崎県長崎市大黒町3-1交通会館3階)
■定員:60名

■プログラム
タイムスケジュール プログラム 担当
13:30~13:35 主催者挨拶 九州経済産業局 地域経済部地方創生参事官 竹内 一雄
13:35~14:25 【基調講演】「桜島灰干し食品」のブランド化と通販 株式会社 樹楽代表取締役社長 梛木 春幸 氏
14:25~14:50 【事例報告】魚で、まちづくり!大分県臼杵市が取り組んだ3年間の軌跡 大島商船高等専門学校 准教授 行平 真也 氏
14:50~15:00 休憩
15:00~16:10 ワークシヨップ 【ファシリテータ】
・講師:梛木 氏/行平 氏
16:10~16:15 知財関連制度紹介 長崎県知財総合支援窓口
16:15~16:30 ショートスピーチウルトラファインバブル特許技術の一次産業への応用 株式会社ワイビーエムFB事業開発部 大坪 修平 氏
16:30~16:40 地域経済分析システム【RESAS】の紹介 九州経済産業局 地域経済課 西川 太郎


【問合先・申し込み先】
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目11-5 アサコ博多ビル11階
(株)リベルタス・コンサルティング 担当:緒方・本多
TEL:092-260-8912/FAX:092-260-8913
Mail:ogata-k@libertas.co.jp

開催要項・申請書ダウンロード(PDF)
九州自治体地方創生プラットホーム ミーティングin佐賀
九州自治体地方創生プラットホーム in長崎

2017年10月05日
【会員様および一般企業向け情報】

長崎県食品産業・産地振興室より「長崎県食品製造業高付加価値化支援事業(2次募集)」の募集に関する情報が入っております。この補助金を希望される方は、下記の情報をご確認の上、説明ページより申込書をダウンロードして申込先まで送付してください。


【長崎県食品製造業高付加価値化支援事業費補助金 募集要項(2次募集)】

■応募受付期間:平成29年10月2日(月)~平成29年11月2日(木)必着
※本申請には金融機関及び商工団体からの書類が必要となります。作成には時間を要する場合がありますので、申請を希望する場合はお早めに各機関へご相談ください。

■事業の目的:県内の食品製造業の付加価値額を高めるため、高付加価値化マーケットに対応する4つの視点(高度加工設備導入、衛生体制強化、希少素材活用、アワード獲得)からの商品づくりを支援します。
※今回の2次募集については、予算の都合上、4つの視点のうち「高度加工設備導入」及び「衛生体制の強化」についてのみの実施となります。

■申請要件:
補助申請ができる者は、次の各号に掲げる事項を全て満たす事業者です。
(1)長崎県内に主たる生産拠点を有する食料品製造業者等で、本県内の生産拠点において申請にかかる事業を実施していること。
(2)今後5年間で付加価値額(決算に基づき算定した営業利益、人件費及び減価償却費の合計金額)を20%増加する事業計画であること。
(3)県内の生産拠点における直近決算期の売上高(または生産額)がおおむね1億円以上の企業であること。
(4)主務大臣による免許・許可等を受けている預金取扱等金融機関等による推薦を受けることについて、推薦書への記名・押印により確認されること。
(5)地域の商工団体の支援を受けること。

※上記のほかにも条件が設定されております。詳しくは下記の募集要項・申請書ダウンロードページよりご確認ください。


【問合先・申し込み先】
〒850-8570 長崎県長崎市江戸町2-13
長崎県産業労働部 食品産業・産地振興室
TEL:095-895-2637/FAX:095-895-2579
募集要項・申請書ダウンロードページ(長崎県産業労働部内ページ)