長崎県の五島列島で作り続けられてきた手延うどんは「幻の五島うどん」ともよばれています。たっぷりのお湯でゆで上げたあつあつのうどんをしょうゆやあご(トビウオ)だしのたれで食べる「地獄炊き」が、地元では、定番です。
地獄炊きの名は、初めて食べた旅人が「しごくおいしい」とほめたのが、地獄おいしいと聞き間違えたのが、この言葉の由来であるというユニークな説もあります。

材料(4人分)
五島手延うどん:一人前100g位
(つけ汁)煮出汁
(薬味)ねぎ
みりん
しょうが
しょうゆ
かつお節
卵など

大鍋に湯をたっぷりとわかし、手延うどんを入れる。
煮えてきたら、各自でとっていただく。

つけ汁はしょうゆだけでもよいし、あごの煮出汁やみりんで割ったものでもよい。
卵を割り入れ、好みの薬味を加える。卵とだしとみりんの配合が決め手です。
いろいろと試してみてMyBestをさがしましょう。
★鍋のあとに入れても美味。




材料(1人分)
五島手延うどん:80g
キムチ漬け:50g
水:2カップ
しめじ:30g
淡口醤油:小さじ2
スペアリブ(豚):100g
塩:小さじ1弱

スペアリブはぶつ切りにして水から火にかけ、あくをすくい取る。

うどんはかためにゆでる。

を300ccのスープとスペアリブに分け、スープは、淡口醤油と塩で味付け、肉は薄切りにする。

の中にうどんとしめじを入れて一煮立ちしたら丼に盛り、スペアリブとキムチ漬けをのせる。

お買いものガイド特定商取引法プライバシーポリシー出展ご希望の方へ各種お問合わせ

Copyright(C)2002-2012 Nagasaki Local products promotional association All Rights Reserver.

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。