長崎てんぷらは、ポルトガル伝来の料理といわれ、普通のてんぷらに対して名づけられたものです。普通のてんぷらは、衣に味をつけずに揚げ、天つゆを添えますが、長崎てんぷらは、衣に味をつけよく練り混ぜて粘りを出してから揚げるため、ぽってりとした衣になり、冷めてもおいしく食べられます。長崎ではお総菜としてよく食べられています。


材料(5人分)
芝えび・・・・・・・250g
鶏ささみ・・・・・・5本
塩・・・・・・・・・少々

A
小麦粉・・・・・・・80g
卵液・・・・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・・・大さじ2
水・・・・・・・・・大さじ4
砂糖・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・小さじ2/3
揚げ油・・・・・・・適宜

えびは軽く塩をしておく。
ささみは筋を取り、軽く塩をする。
Aの材料をねばりが出るくらいまでよく混ぜ合わせて衣を作り、を揚げる。