TOPページ このサイトについて サイトマップ お問い合わせ
トップ大村寿司>平野屋


大村寿司

商品画像
平野屋
◆大村寿司

 大村寿司は、戦国時代に大村氏の軍勢が勝利をおさめた際、領民が兵に差し出した歓迎の料理が始まりと言われています。二段重ねの酢飯の間に具を挟み、具と錦糸卵を乗せたものが一般的です。平野屋の大村寿司もオーソドックスなスタイルですが、特徴的なのは味付けとたくさんの具。甘酢をふんだんに使っているため、全体にほのかな甘味が広がっています。具は、椎茸・かんぴょう・味海苔・削り節・小魚・ごま・昆布・錦糸卵の8種。食べてみると、見た目よりもボリュームがあり、十分な満腹感が得られます。また、長崎店は注文を受けてから作るスタイルで営業しています。

私たちのこだわり

濱民夫職人
濱民夫職人

二段重ねで具だくさんの押し寿司に ふわふわの錦糸卵を乗せた大村寿司 甘酢をふんだんに使った自信作は 老若男女に支持されています

食べやすいサイズにカット
食べやすいサイズにカット
下ごしらえ
下ごしらえ
工場の様子
工場の様子
大村ずし
大村ずし
取り扱い商品
取り扱い商品

製造工程

まずは木型に酢飯を詰めていきます。甘酢を加えながら、ムラなく押し固めます。 敷き詰めた酢飯の上から、椎茸・かんぴょう・味海苔など7種の具をまぶします。具をまぶしたら、二段目の酢飯を敷き詰めていきます。 二段目の酢飯の上に具をまぶしたら、その上から錦糸卵を乗せます。 トッピングが終わったらふたをして押し固め、重しを置いてしばらく待ちます。木型を外して切れば完成です。

1. まずは木型に酢飯を詰めていきます。甘酢を加えながら、ムラなく押し固めます。
2. 敷き詰めた酢飯の上から、椎茸・かんぴょう・味海苔など7種の具をまぶします。具をまぶしたら、二段目の酢飯を敷き詰めていきます。
3. 二段目の酢飯の上に具をまぶしたら、その上から錦糸卵を乗せます。
4. トッピングが終わったらふたをして押し固め、重しを置いてしばらく待ちます。木型を外して切れば完成です。

●原材料

原材料

 米は福岡の農家から直接仕入れて毎朝炊き、甘酢と合わせてから冷まして使います。寿司飯に適した粘り気、白さ、光り具合があるもので、餅米のような弾力があります。他の具は指定業者からの仕入れですが、下味は店でつけています。

会社紹介

事業所写真1 事業所写真2

 1967(昭和42)年、先代社長が時津町に本社を設立しましたが、長崎大水害の影響などで福岡に本社を移転。主に催事を中心に事業展開していた中、2004年9月にテイクアウト専門の長崎店をオープンしました。大村寿司のほか、えび・かに・あなごなどを贅沢に使った玄海特上巻き、鯖寿司、鰺寿司などが好評です。


代表連絡先

店舗名 株式会社 平野屋
所在地 本社/福岡県古賀市筵内854-1 ●地図案内
連絡先 TEL : 092-943-5928 FAX : 092-943-5980

店舗・工場

店舗名 長崎店
所在地 長崎県長崎市葉山1-10-2 葉山ビル101号 ●地図案内
連絡先 TEL : 095-857-0663 FAX : 095-808-5081


●フリー検索
●地域別検索
物産品ラインナップ
干物・一夜干し
ねり製品
珍味
生鮮品・調味料
農畜産加工品
銘茶
郷土料理・惣菜
各煮・各煮まんじゅう
大村寿司
佐世保バーガー
長崎ちゃんぽん・皿うどん
手延そうめん
五島手延うどん
中華麺・変わり麺
長崎カステラ
洋・生菓子
かんころもち
和菓子・中華菓子
装飾品
長崎手打刃物
家具・日用品
布工芸
陶磁器・琥珀

e-ながさきどっとこむ
長崎県物産館