HOME > 農産加工品

そのぎ茶のルーツは古く遣隋使・遣唐使の時代までさかのぼる。

15世紀には釜炒りによる製茶法が西九州に伝えられると、町内各地域で盛んに生産されるようになり、その後元禄年間には大村藩の奨励によって茶園の集団化が進み、これが現代のそのぎ茶づくりの基礎となった。

また、約300年前に来日したドイツ人医師ケンペル、約220年前に来日したスウェーデンの植物学者ツュンベリー、さらに約180年前に来日したドイツ人医師シーボルトのいわゆる出島三学者が、江戸参府の折に東彼杵に宿泊し、見事な茶の栽培技術に驚嘆し広くヨーロツパにも紹介したと言われている。
眼下に大村湾を一望する東彼杵の台地には、約400ヘクタールの茶畑が広がり、県内の60%を占める750トンのお茶が毎年生産されている。

そのぎ茶は、有機栽培による茶の樹に適した土づくりや、緑茶のうまみをさらに引き出すための直射日光調整施設を整備して蒸製玉緑茶に適した茶の葉を生産するなど、入念な管理が行われている。

そのぎ茶の特徴である蒸製玉緑茶(むしせいたまりょくちゃ)の製法は、伝統の手炒り釜炒り茶の流れをくみ、丸みをおびた独特の形からは、深みのあるふくよかな味と香りがかもし出され、銘茶として多くの方々から高い評価を受けている。


北松浦郡世知原町では、平安時代末期に禅僧栄西が平戸に茶園を開いた伝統を受け継ぎ、霧の深い高原でお茶が盛んに生産されている。

やぶきた種を中心とした茶葉を使用し「蒸製玉緑茶」として親しまれている。
びわの葉や種が多くの優れた薬効を持つことは、古来、広く知られており、その故にびわの木は3000年の昔から「大薬王樹(だいやくおうじゅ)と呼ばれて医療に重用されてきた。

これは、びわの葉や種に多く含まれているアミグダリン(ビタミンB17)の薬効によると言われている。このようなびわの葉の薬効に着し、「健康茶」として開発されたのが、「長崎びわ茶-やくおうじゅ-」である。

本県のびわどころ三和町が平成4年に開発、販売したもので、味、色ともに高級紅茶に類似し、冷やして良し、暖めて良し、と極めて飲みやすい商品に仕上がっている。ティパックタイプと缶入が発売されており、発売以来約1年間で売上高48,000千円に上がっている。
長崎県では、温暖な気候を生かしてみかんの栽培が行われている。

品質の良さで定評のある長崎の温州みかんとバレンシアオレンジをブレンドし、まろやかで飲みやすい”オレンジ100%ジュース”をはじめ、甘夏を使用した”甘夏みかんつぶつぶ”。

特産の黒田五寸人参にみかん、パイナップル、りんご等の果汁を加え人参特有の臭いを押さえた”キャロット&フルーツ”等がある。

いずれも「リンアイ」の銘柄で長崎県経済農業協同組合連合会が製造し、県内の農協Aコープを始め、スーパー、ホテルなどで販売している。

長崎の多良見町は日本一の評価を得たこともある、伊木力みかんの産地。この他、県下各地で美味しいみかんを作られていますが、長崎みかんの絞りたてのフレッシュな美味しさを楽しむなら、リンアイジュース。

長崎県産人参をベースにみかんやパインをミックスしたキャロット&フルーツも人気がある。
江戸時代の初期に出島のオランダ人から長崎に珈琲が伝えられたのが日本における珈琲の歴史の始まりと言われている。

その歴史にちなみ、様々な研究の結果日本では栽培不可能といわれた珈琲の栽培に成功した。

栽培に必要な気候的条件を満たすため、特殊な施設での栽培のため、他の豆とのブレンドしての商品化となっている。栽培場所の地名を取って寿古珈琲とネーミングされている。