HOME > 農産加工品





長崎を代表する郷土料理”卓袱”は、和・洋・中の食文化が一体となり華開いた料理であるが、その中の一つに角煮がある。

蒸すか茹でることにより油を抜いた豚の三枚肉を砂糖、醤油、酒などを加えさらに煮込んだものである。よく煮込んだものは、あめ色をしており、口に含むととろける様な舌ざわりをしている。
中国の文人「蘇東坡」が好んでいたため、「東坡煮」とも言われている。長崎市内の料亭などでは、この角煮を真空パックにしてお土産用として販売している。
また、この角煮をご飯の上にまぶした冷凍パック商品が、「角煮めし・まぶし」などの名前で地元有名店などで販売されている。


豚の角煮を中華のまんじゅうの生地でサンドしたもので、中華料理や卓袱料理の一品として出されていた。
平成に入り冷凍することにより商品化がなされ、ファーストフード的な感覚でギフトや物産展などで人気を博し、ヒット商品となっている。