HOME > 銘菓

大正のはじめ、「サンライズ豆」という菓子を製造していた藤田氏は、大正8年に佐賀県鹿島市へ移転した。鹿島市で店を構えた所はちょうど桜の名所だった為、サンライズ豆はチェリー豆に名称を変えて大正末期に島原に移転した。

雲仙が観光地になるにつれて、お土産品としてこのチェリー豆も全国的に知られるようになっていった。
このチェリー豆の製造過程は、そら豆の皮をむいて水にさらし、油で揚げてフライする。そして、大鍋の中で砂糖・まちみつ・水飴・しょうがなど、秘伝の材料をミックスし、よく煮詰めた蜜を作成。その中にそら豆のフライを入れて再び煮詰めると、水分が蒸発して豆に蜜がからんでいく。
水気がなくなると、くっついた豆を手作業で一つ一つ剥がし、完成となる。

しょうがの風味を生かした軽い歯ざわり。うに豆、のり豆も大好評で、今では、島原の銘菓として有名。 この他にはカレー味などがある。


平戸が日本初の海外貿易港であった頃、ポルトガル人によって伝えられた。

カスドースは当初、1家のみを秘伝とされ、平戸藩の茶点としての特命か、又は献上のためだけに限られ作られてきた。

カスドースは焼き上げたカステラを冷ました後に短冊型に切って乾燥させたあと、溶いた卵に浸して煮立てたシロップでカラリと揚げ、最後に砂糖をまぶして出来上がる。
この黄金色もあざやかなカスドース、明治になるまでは庶民は口に出来ず、幻のお菓子とも呼ばれていた。
佐世保の代表的な銘菓で、ザボン風味の羊羹を口当たりがソフトなクッキーでサンドしたもの。
佐世保の手土産として、地元民はよくこのお菓子を買うという話もある。
天保年間に三浦シオが中国領事から贈られた枇杷の種を自宅の庭にまいたことに始まると言われている茂木びわは、茂木の温和な気候と地質に合い、盛んに栽培されるようになった。

現在、枇杷の栽培は全国に拡がっているが、生産高は長崎が全国一である。

旬の新鮮なびわをシロップ付けにし、種や渋皮を手作業にて一つ一つ丁寧に取り除き、上質のゼリーでやさしく包む。
この特産のびわを使って作られるびわゼリーは現在では長崎を代表する銘菓となった。口に含むと解けていくゼリー。びわの香りと品のよい甘さ。よく冷やして暑い夏の日やデザートには絶品のデザートとなる。
長崎県産のフルーツ・牛乳・卵を主原料としたホームメイドアイスクリーム。

野母崎の豊かな自然の中で育まれた茂木びわや、長崎県の銘産であるざぼん漬けなどを使用した長崎らしさあふれるアイスクリーム。