HOME > 酒類

長崎は各地に美味しい水があり、それとともに美味しい地酒が存在する。

平戸地方には生月という島に杜氏の集団が存在したことから、古くから伝統的な酒づくリが行われてきた。清酒は毎年2月が仕込みの時期。まず、厳選した米を丹念に洗いあげ、蒸す。蒸しあがった米は”モト”と呼ばれる原料になると共に、蒸した米の一部は麹室へ運ばれます。
杜氏が酒の味を決めると言っても言い過ぎではありません。蒸した米の状態・湿度・空気流れなどを頭にいれ、種母と呼ばれる麹を作ります。適度な温度管理によって発酵した米麹は蒸した米と混ぜ合わされます。

酒は生き物だけに、うまい酒造りに必要なのは経験と情熱そして、時間をかけることかもしれません。現在長崎県では24銘柄が生産され、愛飲されています。